ペン
ブログ

介護と日本語以外も教えています。

2020年9月14日 未分類

HPをご覧の皆様こんにちは。

今回は研修センターより木内が更新いたします。

のぞみ研修センターで入国してきた介護技能実習生に対して行う授業は、

大きく分けると2種類に分かれます。

①介護職員初任者研修の取得に向けた介護の授業

介護のプロフェッショナル講師陣による、実践的な介護の授業です。

各現場に配属された時に即戦力となれるように、日々トレーニングを積みます。

修了時には、日本人と同じ、介護職員初任者研修修了証を発行しています。

②日本語能力試験N3合格に向けた日本語の授業

ベテラン日本語教師を中心に、複数の日本語教師が授業を担当しています。

日本語でのコミュニケーション能力をつけて現場で働いてもらうため、

一つの目安として日本語能力試験のN3に合格できる程度の知識・語彙をつけてもらっています。

授業時間以外にも補講を行うことで、合格へのサポートをしています。

 

・・・と、大きく分けると2種類ですが、細かく分けると実はそれ以外にも多くのことを指導しています。

〇日本での生活に関するマナー

(ゴミの捨て方・公共交通機関の利用方法・日本式家電の使用方法など)

〇お金の使い方

(スーパーでの買い物から水道光熱費まで、節約を意識して生活できるように)

〇日本の文化やイベント

(皆で初詣に行ったり、季節にちなんだ童謡を歌ったり、書道をしたり)

などなど。

食事に関しても、日本の食事のマナーや料理の名前を覚えてもらうべく、授業がある日のお昼は、日本のお弁当を届けてもらい皆で食べています。

(もちろん、イスラムの実習生に配慮し、全て豚肉抜きです)「これは天ぷら」「これは漬物」と日本の味を楽しんでいます。

私たちのぞみ研修センターは

『実習生が長く日本で働き続けるための土台を作ること』

『配属先の法人様に「実習生を受け入れて良かった」と喜んでいただくこと』

を目標に、これからも日々工夫を凝らした授業を行ってまいります。

研修センターの見学等、ご希望の方は当HPのお問合せフォームよりお問い合わせください。

担当者よりご連絡させていただきます。

前の記事
次の記事

お問い合わせ

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。
  • 電話アイコン
  • 0267-26-5050
【電話受付】 月-金 9:00-18:00