ペン
ブログ

毎月の訪問

2020年8月12日 未分類

今回は営業チーム田中から

毎月の訪問についてご紹介したいと思います。

 

実習生は日本への入国後、研修センターで2ヶ月間の入国後講習を受けて

介護現場での日本語コミュニケーション・介護技術を身に付けます。

そして初任者研修修了証を受け取り、晴れて配属現場へと旅立っていきます。

 

その後の現場での生活指導や相談を受ける立場となるのが、当組合の営業チームになります。

現在は3人で関東を中心に日本各地を回っています。

訪問は配属1年間は毎月行っています。

 

日本の環境・文化に適応していく中で、実習生も様々な悩みを持つことがあります。

例えば

地域の方との繋がり(挨拶や交通ルールなど)

生活習慣の違い  (食生活や身だしなみなど)

などです。

私たちは実習生の文化や習慣を尊重しつつ、日本で生きていくために、介護現場で活躍するために

どんな行動がふさわしいのかを一緒に考えて、指導をしています。

 

3ヶ月に1度はお部屋も見せてもらっており

綺麗にしているか、ゴミ出しはしっかりできているか、などを確認しています。

(ちなみにですが、実習生のほとんどは清潔で整頓された部屋にしています。私の部屋より綺麗かもしれません・・・)

 

当組合の中では実習生の成長を近くで見守れる存在です。

 

実習生にとって日本で【頼れる人】というのはそう多くはありません。

私たちは実習生が実習に集中できる環境を、受入れ施設の皆様と共に作っていきます。

そして実習生には「日本にきてよかった」「〇〇さんに相談できてよかった」と言ってもらえるように

アンテナをしっかりと張って仕事をしていきたいと思います。

 

それではまた次回!

前の記事
次の記事

お問い合わせ

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。
  • 電話アイコン
  • 0267-26-5050
【電話受付】 月-金 9:00-18:00